品詞分類を理解しよう

文章は、「段落→文→文節→単語」というように、分けていくことができます。

「単語」は言葉の最小単位です。

その「単語」は、「自立するか」「活用するか」更に細かい性質によって、10の品詞に分類することができます。

 

「自立するか・しないか」は「文節の最初にくるか・こないか」で分かります。

  • 文節の最初にくる、一語で文節を作れる

自立語

  • 文節の最初にこない、自立語のあとに付く

付属語

「活用するか・しかいか」は「ないを付けて語尾が変わるか・変わらないか」で分かります。

  • 話さない、美しくない、元気でない、~られない

活用する

「体言」「用言」は、文の中の働きで分けられています。

  • 主語になる→体言
  • 述語になる→用言

※「修飾する」とは、「詳しくする」ということです。

→赤い→赤くてきれいな

※「感動詞」の例としては、「こんにちは」「あら」「はい」などがあります。

 

では、確認してみましょう。

Quiz 品詞分類を理解しよう

 

練習問題です。

Quiz 品詞分類を極めよう

 

 

1+

前の記事

文の成分を理解しよう